Doorkeeper

しずおかDXコンソーシアム第3回「DX戦略マトリックスを考える」

2021-08-19(木)16:00 - 18:00 JST
申し込む
あと34人参加できます。
静岡 リアル会場(=ODEN)での参加 無料
申込締切
8月18日 12:00
Zoom参加 (オンラインで参加) 無料
申込締切
8月18日 12:00
※オンライン参加も可能ですが、書いた内容の共有など一部参加できないコンテンツがあります。

詳細

しずおかDXコンソーシアム第3回「DX戦略マトリックスを考える」

しずおかDXコンソーシアムの第3回イベントは「DX戦略マトリックスを考える」です。

実際に自社でDXの取り組みを始めようとすると、まず何から始めたらよいのか、どのような方向性でDXを進めたらいいかといった悩みに直面することと思います。

そこで、第3回目の勉強会では、DX戦略マトリックスを用いて、自社のDXを方向を考えるワークショップを開催します。

DX戦略マトリックス.png
出典:Biz/Zine 三井不動産DX本部古田氏と語る、推進を加速させた「全社巡業」と「DX2周目の課題」とは https://bizzine.jp/article/detail/5861

内容

15:30 受付開始 (16:00開始)

16:00 - 16:05  はじめに
 ・ご挨拶と会場のご案内

16:05 - 16:35  講義 DX戦略マトリックスを用いて方向性を決める
 ・DX戦略マトリックスとは?
 ・3つの方向性とそれぞれのケーススタディ

16:35 - 16:55  ワークショップ 自社のDX戦略マトリックスを考える
 ・3つの方向性を自社に当てはめて、考えられる取り組みを書き出す
 ・取り組みを進める場合の課題を考える

16:55 - 17:20  グループディスカッション
 ・グループ内でマトリックスを共有

17:20 - 17:40  共有 自社のDX戦略マトリックス
 ・自社の方向性の発表と講師によるコメント

17:40 - 17:55  講義 DX戦略マトリックスを運用するために
 ・自社内でマトリックスを活用するためのポイントを解説

17:55 - 18:00  おわりに

イベント参加と会員申込みについて

・本イベントはしずおかDXコンソーシアム会員向けに開催します。
・まだ会員になっていない方は、本イベントの参加申し込みをもって「会員申込み」の扱いとさせて頂きます。
・営業活動・勧誘行為を目的とした参加はご遠慮ください。何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

対象

・DX推進を担当されている方
・DXへの取り組みを検討されている方、必要性を感じている方

ファシリテート

市谷 聡啓 ( @papanda )

株式会社レッドジャーニー 代表
政府CIO補佐官
株式会社リコー CDIO付DXエグゼクティブ
DevLOVE オーガナイザー
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自らの会社を立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。訳書に「リーン開発の現場」がある。著書に「カイゼン・ジャーニー」「正しいものを正しくつくる」「チーム・ジャーニー」「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」がある。

しずおかDXコンソーシアムとは? 〜地域DXをはじめよう、進めよう。〜

静岡鉄道静岡銀行静岡ガスは、地域のDXを推進する任意団体(しずおかDXコンソーシアム)を設立し、DXに関する実践知を集め、学びを深めるための活動を始めました。

「しずおかDXコンソーシアム」の目的

・地域のDXの推進に寄与し、地域の競争力を向上させる
・デジタルの関連仕事を創出し、静岡におけるデジタル人材を創出する
・企業間の積極的な交流により新規ビジネスを創出する(オープンイノベーション)
※静岡県下企業を主な対象としていますが、本会の趣旨に賛同いただける方はどなたでも参加できます。

開催

主催:静岡鉄道株式会社
主催:株式会社静岡銀行
主催:静岡ガス株式会社
協力:株式会社レッドジャーニー

コミュニティについて

しずおかDXコンソーシアム

しずおかDXコンソーシアム

静岡県下のDXを推進するコミュニティです。

メンバーになる